デザインには目的に適した色がある!配色理論を学ぶ

まずは色の基本を知ろう

色は、赤や青、黄など色みの性質を表す「色相」、色の明るさの度合いを表す「明度」、色の鮮やかさを表す「彩度」という3つの要素から成り立っています。そのため、明るい赤や暗い赤、くすんだ赤や鮮やかな赤など、赤といってもさまざまな赤が存在するのです。また、似たような明度と彩度を持つ色を一つのグループとしてまとめたものは「トーン」と呼ばれています。
色の3要素にはそれぞれが持つ効果があります。たとえば、赤や橙、黄などは暖色系と呼ばれ、暖かさを感じさせたり、前に飛び出してきたりする効果を持った色相です。一方、青や青緑などは寒色系と呼ばれ、冷たさを感じさせたり、背景に引っ込んでいったりする効果を持った色相です。そのほかでは、明度が高いほど柔らかな印象を与えたり、彩度が高いほどアクティブな印象を与えたりといった効果もあります。

さまざまな配色手法を学ぶ

配色手法の一つに「ドミナントカラー配色」というものがあります。これは色相の数を絞り類似した色でまとめた配色です。同じような色相でまとめるため色相の持つイメージを前面に出すことができます。また、「ドミナントトーン配色」というものもあり、この配色では色相の数に制限がありません。ドミナントトーンでは、明度や彩度が類似したグループであるトーンから色を選びます。同じトーンから色を選ぶので、多くの色を使いながらも統一感のある印象を与えられます。明快なイメージを演出したいときに使えるのが「トリコロール配色」です。フランス国旗に代表される配色で、3つの色で成り立っています。それぞれの色には、お互いの色を引き立て合う補色などを選び、明度差や彩度差を大きく取ることがポイントです。そのほかにも「カマイユ配色」や「ダイアード配色」などさまざまな配色があるので、自分のイメージに合ったものを選ぶといいでしょう。

© Copyright Easily Create A Website. All Rights Reserved.