無駄を省いたソースコードを書く

テキスト情報とデザインの完全分離が求められている

インターネットの世界では現在、世界中のサイト運営者に対してHTTPS対応のサイト作り・再構築が強く求められている状況です。それと同様に、スタイルシートという技術が世界的に普及してから「テキスト情報(内容)とデザインの完全分離」も強く求められています。スタイルシートの技術に関する情報は、HTMLソース内に埋め込む事も可能です。ただし、それだとサーチエンジンのロボットにとって、どんな事が書かれているわかりづらいという問題などが発生します。そんな中、極端に言うとHEADERエリアを除いてBODYエリアには、日本語圏で言うと漢字・かな(カナ)・アルファベットしかないような状態が最良の状態となります。そして、ページ内各エリアの装飾については、関連するCSSファイルの中に出来る限りすべての情報を書き込む事が、今後ますます必要になってきます。

ソースコードから無駄を省くとどんなメリットがあるか

サーチエンジン世界シェアトップの某企業はHTTPS対応が完了しているサイトを、検索順位にてどんどん優遇していく方針を発表しています。それと同様にHTML内に無駄な情報がなく、装飾情報がすべてCSSファイルに書かれているシンプルなソースコードのサイトは検索順位で有利になっていく事が予測されます。また、小規模なサイトであってもページ内の文字等の装飾をHTMLファイル内に記述していると、変更する際は一括作業ができないので1ページ毎の修正が必要です。しかし、装飾情報をすべてCSSファイル内に書き込んでおけば文字サイズや書体などを変更したい場合にCSSファイルを一ヶ所いじるだけで一括更新ができます。そのため、今後新規でホームページを立ち上げる場合は、装飾情報は一切HTML内に含めずにすべてCSSファイル内に書き込む事を徹底させる事が重要です。

ホームページ制作を格安で行うなら、費用を大きく左右するサーバーをどう選ぶかが重要です。ただし、無料と有料のサーバーでは受けられるサービスが異なるので注意しましょう。

© Copyright Easily Create A Website. All Rights Reserved.