画像はデータ量が大きい!画像の取捨選択と圧縮

コンテンツに不必要なものは削ろう

ホームページを作ろうと考えた場合、できる限り多くの方に見てもらいたいと思いますよね。そのときに考えなければいけないのは、ホームページ全体を表示するのに必要なデータ量です。データ量が多いと、表示に時間がかかってしまいますし、従量制でインターネットをやっている方の金銭的負担になってしまいます。
もしも、ホームページをユーザーに優しいものにしたいなら、データ量が大きい画像を整理するところから始めましょう。見栄えだけを考えたものなど、コンテンツに必要ない画像は、ばっさりと削ってしまうことをおすすめします。どうしてもホームページの見栄えを重視したいなら、データが軽い画像に差し替えることを考えたほうがよいです。

削れない画像データを軽くしたいなら

『ホームページに必要な画像だけれど、残すと重くなる』という状況にあるのなら、データ量が大きい画像を圧縮することで対処しましょう。簡単に圧縮ができるフリーのアプリケーションがあるため、そちらを活用すれば、画像の大きさを変えずにデータ量を少なくできます。ホームページの見た目も保持できるため、見栄えを重視する方にもおすすめできる方法です。
ただし、圧縮にはデメリットがあって、データ量を少なくする過程で画像が粗くなってしまいます。そのため、グラフや統計など、文字や数値が読めなければ、意味が通じなくなる画像は圧縮しないほうがよいです。多少荒くても、意味が通じる画像はたくさんあるでしょうから、そちらを中心に圧縮していきましょう。

© Copyright Easily Create A Website. All Rights Reserved.